巻き爪の予防

巻き爪の予防について

巻き爪は遺伝によって引き起こされることがあるものの、先天的な要因よりも後天的な要因によって引き起こされることが多くなっております。

 

つまり、毎日の生活で巻き爪を予防することにより、ある程度の症状の悪化は防げるというわけです。

 

そこで、このページでは、巻き爪の予防としてどのような方法があるのか詳しく説明しているので、痛いという症状が引き起こされる前に実践してみてください。


巻き爪ブロックで予防しよう

直ぐに痛みを和らげ巻き爪を治せるというだけではなく、日々の生活で巻き爪ブロックを装着することで、予防に繋がります。

 

様々な種類がある予防法の中で、巻き爪ブロックが最も手軽な方法ですし、装着していても日常生活に支障が出ないというところが大きなメリットです。

 

それに、このグッズを付けてサンダルを履いたとしても、スタイリッシュなデザインなので、格好悪いということはないでしょう。

 

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

 


靴や靴下で予防しよう

靴や靴下は何気なく使っているアイテムの一つですが、この種類に気を配ることで巻き爪の予防となります。

 

サポート力の強い靴下やストッキングを毎日のように使っていたり、パンプスやハイヒールといったつま先の細い靴を履いていると、足の親指が常に圧迫された状態となってしまうのです。

 

巻き爪を予防するためには、足の親指に負担を掛けないということが大切なので、柔らかい靴下や自分のサイズに合った靴を履くように心掛けましょう。

 

「ヒールは3cm以内」「かかとがしっかりとしている」「インソールがフィットしている」という点で靴を選べば、症状の悪化を防げます。


爪の切り方で予防しよう

頻繁に爪を切るのが面倒だという方は、爪切りを使用して一気に短くするような処置を施しているかもしれませんが、深爪になると巻き爪が引き起こされやすくなります。

 

爪を丁寧に切っていると意外と時間を食いますし、何度も行うのは大変なことかもしれませんが、爪の切り方で巻き爪を予防できるのです。

 

白い部分を全て切り落とすと、深爪になって力が伝わりにくくなってしまうため、必ず1mm以上は残した状態で保っておきます。

 

爪切りを使うと切りすぎてしまう危険性があるため、不安な方はヤスリを使用するのが良いかもしれません。


怪我をしないように注意しよう

足の親指に重い荷物を落とすといった怪我をすることで、巻き爪が引き起こされるというケースがあります。

 

不慮の事故によって怪我してしまうこともありますが、巻き爪の予防のためには、毎日の生活の中で怪我をしないように気を配るべきです。


「巻き爪の予防」についてのページ