巻き爪の種類

巻き爪の種類について

巻き爪にはどのような種類が存在するのか知りたいという方は、多くいらっしゃるのではないでしょうか。

 

巻き爪は症状の進行具合によって状態が大きく異なり、軽度の巻き爪であれば歩行時に痛みが生じることはありませんし、日常生活に支障を来たすということもほとんどないです。

 

ホッチキスのような形に爪が変形しているステープル型や、片方のみの爪が皮膚に食い込んでいる半ステープル型、爪全体が緩やかなカーブを描くように変形している状態が、この種類に分類されます。

 

巻き込みが浅ければ痛みが生じることはありませんし、そのまま放置していても良いのではないかと考えるかもしれませんが、それは少々危険です。

 

現段階では痛みが引き起こされていないとしても、私たちの爪は元々湾曲する性質を持っており、時間が経過することによってだんだんと激しくなっていきます。

 

それに、食い込んだ爪によって皮膚が傷つけられ、細菌や雑菌が進入して取り返しのつかない事態が生じるかもしれないの、何かしらの対処を行った方が良いというわけです。

 

中程度の巻き爪になると、巻き込みも更に強くなるため、歩いただけで痛みが生じることがあり、自宅で処置を施すよりも、病院で矯正治療を行った方が良い巻き爪に分類されます。

 

初期段階の巻き爪であれば、爪と皮膚に脱脂綿を詰め込んで痛みを和らげるコットンパッキングでも緩和できるものの、巻きが強くなれば強くなるほど改善が難しくなるのです。

 

とは言え、どのような種類の巻き爪だったとしても、このサイトでご紹介している巻き爪ブロックを使用すれば、自宅で少しずつ矯正できます。

 

あまりにも炎症や化膿が酷い場合は、専門医の診察を受けた方が良いものの、中程度の巻き爪であれば巻き爪ブロックで完治できるので、是非一度試してみてください。

 

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

 

さて、重度の巻き爪に発展すると、爪角の皮膚が腫れ、食い込みも激しくなっている状態なので、歩行時に強い痛みが引き起こされるようになります。

 

重度の巻き爪の種類としては、全体的に強く巻いているピンサー型や、爪の中心から先端にかけて丸くなっているトランペット型が一般的です。

 

巻き爪で悩まされている患者さんの中には、爪の両端がくっつくまで巻いている方がおり、硬い爪を正常な状態に戻すまでは長い時間が掛かるということがお分かり頂けるでしょう。

 

このような酷い状態になる前に、自分の足に何かしらの異変が引き起こされているはずなので、その段階で後回しにするのではなく、適切な対処を心掛けるべきです。


「巻き爪の種類」についてのページ