水虫が原因の巻き爪

水虫が原因の巻き爪について

足のトラブルの一つとして水虫が挙げられ、実は水虫が巻き爪を引き起こす大きな原因となっております。

 

水虫の原因菌はカビの一種である白癬菌と呼ばれるもので、これが足の角質層に入り込むことで発症するのです。

 

水虫が原因で引き起こされる巻き爪は、親指以外の爪に生じる可能性があるものの、親指の爪の面積が一番広いことで、多くの白癬菌が存在しているのではないかと考えられております。

 

とは言え、急に爪の水虫にかかるというわけではなく、爪は固い組織で中に細菌が入り込みにくいという特徴があるため、ほとんどの場合、足の水虫に感染していることが多いのです。

 

足の裏に水泡が生じる小水疱型や、かかとを中心にカサカサと乾燥する角質型、指の間がふやける趾間型など、様々な症状があるものの、皮膚科で正しい対処を受けていないと爪に侵入することがあります。

 

それに、一番厄介なのが爪自体には神経が通っていないため、水虫にかかっていたとしても自覚症状がなく、気が付いた時には手遅れになっている場合があるのです。

 

水虫の原因菌である爪白癬が爪の中に入り込むと、だんだんと爪の色が黄色く変色し、爪がボロボロになって巻き爪になりやすくなるので、早めに手を打たなければなりません。

 

もし、爪水虫にかかると、このサイトでご紹介している巻き爪ブロックで矯正したとしても、全く意味がないので、皮膚科で正しい対処を受ける必要があります。

 

そして、爪水虫を完治させてから、湾曲した親指の爪を巻き爪ブロックで治すようにしてください。

 

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

 

さて、爪水虫は爪に悪影響が施されるだけではなく、痛みによって歩けないという患者さんもいらっしゃいます。

 

そして、バスマットやトイレのスリッパ、浴室タイルなど様々な感染経路があり、家族の方が苦しめられるケースも少なくないため、早めに治療を行わなければならないというわけです。

 

爪水虫は一度発症すると自然に治るということはなく、皮膚科を受診して飲み薬を飲み、原因菌をやっつけるという処置が一般的となっております。

 

飲み薬の処方は個人差が生じているものの、約半年間ほどの期間で、薬の作用によってゆっくりと治していくのです。

 

治療には長い時間を要するので、面倒だと感じる方はいらっしゃいますが、放置していても症状が回復することはないですし、巻き爪の大きな原因となるため、専門医の指示を受けて処置しなければならないということがお分かり頂けるでしょう。