巻き爪のメカニズム

巻き爪のメカニズムについて

日本では約10人に1人の割合で巻き爪に悩まされているというデータがあり、現在では多くの方に知れ渡った症状の一つですが、どのようなメカニズムによって引き起こされているのか、詳しくは知らないという方が多いはずです。

 

巻き爪が発生するメカニズムは個人によって違いが生じているものの、間違った爪切りによって引き起こされることが多くなっております。

 

理想的な爪切りは、爪甲と爪床の接合部に達するまでカットしないということで、清潔に保とうと白い部分を全て切り落としてしまうと、深爪になって巻き爪が生じる大きな原因となるのです。

 

ケアの効率性という観点から見て、ギリギリまで切り込みたくなるという方がいらっしゃるかもしれませんが、深爪になると爪が盛り上がった部分の肉と接触し、曲がったように生えるので注意しなければなりません。

 

また、自分に合わない靴の着用も巻き爪が生じるメカニズムの一つで、足の親指に大きな負担が加わることによって、巻き爪が引き起こされるリスクが増します。

 

女性にしても男性にしても、デザインを重視して靴を選ぶという方が多く、サイズが自分の足に合っていないと歩いたり走ったりする度に負荷が加わってしまうのです。

 

更に、遺伝によって巻き爪になりやすいという方はおり、顔の形が親に似るように、爪の形や質も受け継がれるという特徴があるので、巻き爪と遺伝に全く関係性がないとは言い切れないでしょう。

 

以上のようなメカニズムで発生する巻き爪ですが、このサイトでご紹介している巻き爪ブロックを使えば、痛みを和らげるとともに、症状を緩和させることができます。

 

どのような方法で巻き爪を治せば良いのか分からないという方は、一度巻き爪ブロックを使ってケアしてみてください。

 

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

 

さて、巻き爪が発生するメカニズムは上記で説明した内容だけではなく、加齢も挙げられます。

 

高齢者の方は爪が分厚くなるという特徴があり、長年の深爪や靴との接触、そして爪の水分量の減少といった要素が重なり合い、巻き爪に悩まされやすくなるという仕組みです。

 

また、爪は元々丸まりやすいという性質を持っており、地面からの圧力が加わることによって適度な状態を保っております。

 

そのため、極端な運動不足に悩まされているという方は、足の親指に十分な圧力が加わらず、その影響で爪が湾曲しやすいので、ウォーキングでも良いので、軽い運動を毎日心掛けた方が良いかもしれません。


「巻き爪のメカニズム」についてのページ