巻き爪を薬で

巻き爪を薬で治そう

巻き爪の治療として、皮膚科といった病院では薬が処方されることがあり、症状を緩和させていきます。

 

抗生物質といった薬だけで巻き爪を治せるというわけではないものの、爪が皮膚に食い込み、炎症や化膿が生じているのであれば、薬を使った治していくのです。

 

このような症状で悩まされている場合、ワイヤー矯正などを行ったとしても、患部が腫れていては全く意味がないので、最初に薬で炎症を抑え、その後に巻き爪を治す治療を施していきます。

 

炎症や化膿を放置していては、どんどん症状が悪化するばかりですし、病院で手術をしなければならない状態まで酷くなるかもしれないので、病院へ行って自分に適した薬を処方してもらうのがベストです。

 

ただし、薬を使って治す際、素人の判断で服用すると、逆に巻き爪の症状を悪化させてしまうかもしれないので、なるべく市販の薬に頼らない方が良いかもしれません。

 

皮膚の炎症や化膿を和らげられる市販薬として、「クロマイ-P」や「ウレパール軟膏」といった製品が挙げられますが、どれが自分の症状に適しているのか、素人ではきちんと判断ができないのです。

 

特に、「クロマイ-P」の中には、副作用が強いと言われているステロイド剤が配合されているため、むやみやたらに使用すると良くない症状が引き起こされます。

 

もちろん、何かしらの病気を治すために使用される薬は、どんな種類でも副作用は生じるものですが、中でもステロイドは副作用が強く、高血圧や感染症、胃腸障害や月経不順といった危険性があるのです。

 

そのため、いくら巻き爪に効き目があると口コミで評判でも、自分勝手な判断で薬を使わない方が良いということがお分かり頂けるでしょう。

 

また、傷の消毒にはマキロンを使った方が良いという認識を持っている方が多く、巻き爪によって生じた炎症を和らげるためにコットンにしみ込ませ、患部に塗っている方がいらっしゃいます。

 

しかし、消毒薬の中には炎症を早めるような成分が配合されていることがあり、逆に状態が悪化する危険性があるので、巻き爪治療にはNGなのです。

 

以上のように、薬は一歩間違えると思わぬトラブルを招いてしまうため、使用する場合はあらかじめ医師の診察を受けて、処方された薬を使うようにしなければなりません。

 

とは言え、巻き爪によって皮膚が傷つけられているわけではないのならば、薬を使用する必要はないですし、このサイトでご紹介している巻き爪ブロックで十分に対応できます。

 

自宅で矯正するグッズの中でも、巻き爪ブロックは特に効果が高いと評判なので、症状が進行する前に一度使ってみてください。

 

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

 


「巻き爪を薬で」についてのページ