高齢者の巻き爪の原因

高齢者の巻き爪の原因について

高齢者の方は爪のトラブルに悩まされやすいと言われておりますが、これは紛れもない事実で、若者よりも巻き爪になりやすい原因がたくさんあります。

 

もちろん、年齢や性別に関係なく巻き爪は引き起こされるという特徴があるものの、高齢者の方は爪の水分が徐々に失われることが原因で、爪の変形が生じやすいのです。

 

若い頃の爪は水分が豊富なため、しなやかで柔らかいことが多く、特に生まれたての赤ちゃんにはヒアルロン酸やコラーゲンといった成分がたっぷりと配合されているため、爪も肌もスベスベで弾力があります。

 

その点、年齢を重ねた高齢者の方は、少しずつ爪の水分が蒸発して黄ばんでいき、硬くなっていく傾向があるので、外的要因に左右されやすく巻き爪の大きな原因となるわけです。

 

高齢者の方は爪が巻きやすい状態にあり、一度巻き爪が生じると、爪の中心部分に隙間ができやすく、表皮から供給されるべく水分が届かなくなるので、丁寧なケアをしなければどんどん悪化してしまうでしょう。

 

巻き爪になりやすい原因を持っているのは仕方のないことですが、巻き爪の症状の悪化を防ぐためにできることはたくさんあります。

 

その方法の一つが、このサイトでご紹介している巻き爪ブロックで、高齢者の方でも自宅でバネを装着するだけなので、簡単にケアできるというメリットがあるのです。

 

お一つ3,000円ととんでもなく安い価格が提供されておりますし、耐久力にもそれなりに優れた製品なので、一度巻き爪ブロックを使ってみてください。

 

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

 

さて、高齢者の場合、若者よりも歩いたり走ったりする機会が圧倒的に減り、指や爪に掛かる圧力が足りなくなったことが原因で、巻き爪になりやすくなっております。

 

ただの巻き爪であればそこまで深刻に考える必要はないものの、高齢者の場合は痛みによって転倒する場合があり、骨折の大きな原因となるので要注意です。

 

巻き爪が様々な病気の原因となることも決して少なくないため、少しでも違和感を持った段階で何かしらのケアを行った方が良いかもしれません。

 

また、「老眼が進んで足元を良くチェックできず、爪が思うように切れない」「身体が固くなって自分で足の爪が切れない」「足の変形とともに爪も変形する」という要素も、高齢者の巻き爪の原因となっております。

 

中には、爪を切るのがおっくうで伸ばしっ放しにしてしまい、気が付いたら爪の変形が引き起こされていたというケースもあるので、定期的に足を確認する習慣を身に付けるべきです。