子供の巻き爪の原因

子供の巻き爪の原因について

巻き爪は大人だけが悩まされていると考えている方はいらっしゃるかもしれませんが、実は子供でも足の親指が巻き爪になってしまうことは十分にあり得ます。

 

子供が巻き爪になる大きな原因は、自分に合わない靴の着用で、親にも原因があると言えるでしょう。

 

最近の子供の靴は非常にオシャレで、親の好みで履かせていることも少なくないものの、サイズがきちんとフィットしていないと足に大きな負担が掛かってしまうのです。

 

それに、大人であれば足の大きさはもう変わらないのですが、子供は成長が早く、気が付いたら靴が小さくなっている可能性は十分にあります。

 

親が子供の靴が適正かどうかチェックしてあげていないと、巻き爪になるリスクはどんどん高まるので、kを付けなければならないのです。

 

また、子供の足が直ぐに成長するということで、少しサイズが大きめの靴を履かせているという親御さんがいらっしゃいます。

 

しかし、足が靴の中で自由になりすぎていると、歩いたり走ったりする際に、親指に余計な衝撃が走り、巻き爪の大きな原因となってしまうのです。

 

特に、巻き爪を予防するためには、かかとの部分がしっかりとしているかが重要なポイントで、少し硬めだなと感じるくらいがちょうど良くなっております。

 

子供に適した靴を履かせていないと、巻き爪になりやすいというだけではなく、足の成長を妨げる大きな原因となるため、「かかと部分の構成に気を配る」「つま先に5mm程度の余裕がある」「足先が少々広くなっている」という点に注意して、靴を選んであげなければなりません。

 

子供は大人よりも基本的に運動量が多いため、ただでさえ足の親指に負担が掛かり、爪が変形する要素を抱えていると説明できます。

 

それに、爪が柔らかいという特徴があり、少しの衝撃や圧迫を与え続けただけでも割れることもあるため、巻き爪の原因になりやすいということはお分かり頂けるはずです。

 

更に、両親の遺伝子を受け継ぐように、爪の元々の形や爪質が似ることが多く、両親が巻き爪で悩まされている場合、その子供も巻き爪になりやすい傾向があると言えます。

 

先天的な原因で巻き爪が引き起こされることは少ないと言われているものの、可能性はゼロではないため、親御さんは自分の子供が巻き爪になっていないかどうか、注意しておかなければならないのです。

 

もし、少しでも違和感を感じたのであれば、自宅で処置を施すのではなく、病院で診てもらうようにしてください。