巻き爪に関する疑問

巻き爪に関する疑問を解決しよう

巻き爪で悩まされている方は多く、様々な疑問を抱え、どのように改善していけば良いのか考えているはずです。

 

そこで、このページでは巻き爪に関する疑問をご紹介しているので、よくチェックして解決してみてください。

 

 

巻き爪は自宅で治せるの?

以前は病院で巻き爪を治すというのが一般的でしたが、現在では自宅で巻き爪を治すグッズが次々と販売されております。バネを用いた巻き爪ブロックや爪に貼るタイプの巻き爪リフトシール、深爪を予防するためのニッパー型爪切りなど、ドラッグストアで購入できるものもあるのです。どのような方法を使うにしても、何も対処しないと悪化していくばかりなので、自宅でグッズを使用するのは一つの選択肢だと言えます。

 

巻き爪の矯正は痛いの?

病院で巻き爪の矯正を行う場合も自宅で行う場合も、特に大きな痛みなく施術を施せます。患部が腫れていたり、あまりにも痛みが強いという場合は、ワイヤー矯正やプレート矯正を行った際に、多少の痛みを感じる場合があるかもしれません。しかし、基本的には麻酔を打つような処置は施さないため、全く痛くないというわけです。

 

巻き爪は手術した方が良いの?

患部が酷い状態となっておらず、ただ爪が曲がっている巻き爪であれば、矯正治療で症状を和らげることができます。しかし、化膿して肉芽腫が形成されているという場合、まずはその症状を緩和させなければならないため、手術を行うことがあるのです。症状を和らげるために急を要する場合は手術しか方法がない可能性もあるものの、麻酔を打ってから治療を始めていくので、施術中に痛みを感じることはないでしょう。

 

1回の施術で巻き爪を矯正できるの?

巻き爪の矯正は1回で済むということはなく、長い期間を掛けて行われるため、1回の施術で治るということはありません。ワイヤーを使うにしてもプレートを使用するにしても、大よそ半年間以上は巻き爪の治療に必要で、ゆっくりと対処していきます。直ぐに治したいと考えるかもしれませんが、爪の変形は簡単に改善できるほど甘いものではないのです。

 

巻き爪は再発しないの?

病院で適切な治療を行ったとしても、巻き爪は再発する可能性があります。治療方法によって異なるので一概には言えないものの、日常生活が原因で巻き爪が引き起こされているのであれば、一度正しい形に戻ったとしても、それを改善しなければ全く意味がないのです。巻き爪が再発しないように日々の生活で、きちんと予防することが大事だと言えるでしょう。

 

 

 

このサイトでは、自宅での巻き爪治療に適した巻き爪ブロックをご紹介しており、様々な年代の方から評判となっております。

 

病院で治療を受ける時間がないという方はいらっしゃるはずなので、巻き爪ブロックを使って自分で矯正してみてください。

 

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

 


「巻き爪に関する疑問」についてのページ