巻き爪の治療

巻き爪の治療について

巻き爪は個人の症状によっては、自然と治るケースも少なくないものの、多くの場合は治療を施さなければどんどん症状が悪化していきます。

 

巻き爪が皮膚に刺さる痛みによって歩行困難となることもあり、日常生活に支障を来たすことは間違いないのです。

 

そこで、このページではどのように巻き爪を治療すれば良いのか、詳しく説明しているので、是非一度チェックしてみてください。


巻き爪ブロックで治療しよう

巻き爪を治したいと考えているのであれば、このサイトでご紹介している巻き爪ブロックで治療をするのが一番手軽となっております。

 

巻き爪の治療というよりも、矯正と言った方が良いかもしれませんが、装着してから直ぐに痛みを和らげることができるのです。

 

自宅で初心者でも簡単にバネを装着することができますし、フルセットが3,600円という安い費用で販売されているところも、大きなメリットなのではないでしょうか。

 

巻き爪を治すには、自分にピッタリのサイズを選ばなければならないので、単品で購入するよりもフルセットに頼った方が良いはずです。

 

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

 


病院で治療をしよう

病院では様々な巻き爪の治療が行われており、ワイヤーやプレートなど自分に合った方法を選んで施すことができます。

 

「病院が嫌い」という方はいらっしゃるかもしれませんが、巻き爪の治療は思っている以上に痛みなく施術を施すことができるのです。

 

チタンワイヤーやグラスファイバーのプレートを爪に装着して巻き爪を治すのが一般的で、保険が適用されないので自費で支払わなければならないものの、簡単に矯正することができます。

 

もちろん、状態が良くなるまでには時間を要しますし、個人の症状によっては1年間以上の月日を費やすことがあるかもしれません。

 

しかし、症状を放置しても決して治るものではないので、病院で専門的な治療を受けて治すのが、今後巻き爪にならない生活を送るためにも一番です。


病院で外科的手術をしよう

病院で外科的手術を施すというのも、巻き爪の治療の選択肢だと説明できます。

 

巻き爪によって皮膚が傷つけられ、炎症や化膿を引き起こしているという場合、爪を根元から抜くような手術が行われるのです。

 

もちろん、爪を形成している爪母を抜いたとしても、新しい爪が生えてきて巻き爪が再発するかもしれませんが、炎症や化膿が生じている場合は、ワイヤーによる矯正を行うことができません。

 

外科的手術といっても麻酔時の痛みしかないですし、保険も適用されるので、患者さんに大きな負担はないはずです。


「巻き爪の治療」についてのページ