巻き爪と関係のある病気

巻き爪と関係のある病気について

巻き爪は爪の病気の一つで、個人によって症状は微妙に異なるものの、基本的には爪が変形した状態になることを指します。

 

間違った爪切りの方法によって深爪となったり、足に合わない靴を履き続けたりという原因で足の親指に大きな負担が加わり、巻き爪という爪の病気にかかってしまうというわけです。

 

遺伝によって爪の柔らかさや質は大きく異なるため、同じような日常生活を送っていたとしても、巻き爪になりやすい人となりにくい人がいらっしゃいます。

 

しかし、誰にでも引き起こされる可能性がある症状となっており、巻き爪になることで生活に支障が生じるかもしれないので、事前に予防ケアを行った方が良いかもしれません。

 

巻き爪と関係のある病気として陥入爪(かんにゅうそう)が挙げられ、これは爪の湾曲が酷くなって皮膚に食い込み、周辺が赤く腫れて肉芽が形成された状態を指します。

 

爪の病気の中でも陥入爪の症状は非常に重く、靴を履くことが困難となったり、普通に歩行するだけでも痛みによって思うように行動できないということもあるので、治療方法についてしっかりと考えなければ一向にプラスには向かわないのです。

 

他のページでも説明致しましたが、自己処置では少々改善が難しいため、陥入爪を伴った巻き爪に悩まされているのであれば、皮膚科を受診して専門的な治療を行ってもらった方が良いでしょう。

 

とは言え、巻き爪だけであれば自宅でも改善が可能で、その際には巻き爪ブロックを使用していきます。

 

マニュアルに沿ってバネを自分の爪に装着するだけで、直ぐに痛みを和らげるとともに巻き爪を治してくれるので、是非巻き爪ブロックを通販で購入してみてください。

 

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

 

さて、爪に異常が見られたのであれば皮膚の病気の一つなので、皮膚科を受診するのがベストです。

 

女性であれば足の美しさを維持するためにも、ネイルサロンを訪れるという選択肢がありますが、医療的な処置を施してもらいたいのであれば、皮膚科の方が良いかもしれません。

 

ただし、場合によっては巻き爪は、糖尿病やひょうそといった病気と大きな関係性があるため、皮膚科で症状を診せた後に別の科で治療を行うこともあります。

 

どちらにしても、ある病気によって巻き爪の症状が悪化し、治りにくくなっていることがあるので、正常な状態に戻すためには両方の治療を行っていかなければならないのです。

 

また、あまり気にしたことがないかもしれませんが、爪の異変は栄養不足や生活習慣が大きく関わっており、様々な病気の前兆とも言われております。

 

そのため、普段の食生活で栄養素をバランスよく摂取するように気を配ったり、寝不足によるストレスを溜め込まないように注意しましょう。


「巻き爪と関係のある病気」についてのページ