巻き爪を病院で

巻き爪を病院で治そう

巻き爪になり、その状態を長く放置していると、痛みだけではなく皮膚が傷つけられて炎症や化膿を伴うことがあるので、病院で治療を受けることをおすすめします。

 

「何科の病院へ行けば良いの?」という質問をされる方がいらっしゃいますが、巻き爪は皮膚の病気なので皮膚科で診てもらえますし、形成外科や整形外科でも治療が行われているのです。

 

大きな病院へと足を運べば自分の症状をチェックしてもらえますし、どのような対処を行えば良いのか適切なアドバイスをしてくれます。

 

巻き爪が引き起こされる原因は、自分のサイズに合わない靴の着用や深爪、あまり歩かないことが挙げられ、軽度の巻き爪であれば日常生活の中で予防を行うことで、症状を和らげられるでしょう。

 

それに、爪と皮膚の間に脱脂綿を詰め込むコットンパッキングを併用すれば、痛みは改善できますし、応急処置としては優れた方法だと説明できます。

 

しかし、皮膚に突き刺さって炎症が引き起こされていたり、肉芽腫が形成されているのにも関わらず、放置していると間違いなく症状は深刻化しますし、親指の痛みをかばった歩き方をすることで、身体全体のバランスが崩れるのです。

 

足の親指に生じる巻き爪によって、全身に悪影響が引き起こされるかもしれないので、病院で適切な治療を施してもらうことで症状の悪化を防げます。

 

病院の中には、湾曲した爪を矯正によって治療していく巻き爪専門外来が設けられており、一昔前はこのような施設は全くなかったものの、巻き爪で悩まされる人口が増えたことによって、徐々に浸透しつつあるのです。

 

以前は爪を切ることに特化した治療しか行われておりませんでしたが、現在の巻き爪専門外来では、ワイヤー矯正やプレート矯正など、個人の症状に合わせて適した治療を行ってくれます。

 

また、病院に在籍している専門医が、巻き爪の症状で悩む患者さんのために、全国各地に「相談会及び巻き爪ケア」を行う窓口を設けており、治療法が分からないという方に適しているかもしれません。

 

矯正治療を行うのか手術を行うのかにより、どの病院を訪れれば良いのか選択肢は異なるものの、巻き爪の関する知識を持った専門医に診せるだけでも大きな意味があります。

 

とは言え、そこまで巻き爪の症状が悪化していないのであれば、病院で矯正や手術を行わなくても、このサイトでご紹介している巻き爪ブロックを使って改善できるはずです。

 

いちいち病院に通院する必要はありませんし、自宅でバネを装着して巻き爪を治せる素晴らしいグッズなので、一度巻き爪ブロックを使ってみてください。

 

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

 


「巻き爪を病院で」についてのページ