巻き爪(足・親指)の原因

足の親指に引き起こされる巻き爪の原因について

足の親指

ここでは、足の親指に引き起こされる巻き爪が、どのような原因によって生じるのか詳しく説明していきます。

 

巻き爪を放置しても良いと考えている方はいらっしゃいますが、症状が悪化すればするほど治りにくくなりますし、炎症や化膿に発展するケースも決して珍しくありません。

 

巻き爪は様々な原因によって引き起こされるという特徴があるので、予防するためにもきちんとチェックするべきです。

 

そして、巻き爪を治して上記の写真のような、綺麗な足の爪を手に入れられるように努力してみてください。


自分の足のサイズに合わない靴の使用

靴

自分の足のサイズに合わない靴を長期的に使用していると、足の親指に大きな負担が加わって、だんだんと巻き爪になっていきます。

 

窮屈な靴や先が細い靴はそれだけで大きな負荷が加わりますし、逆にサイズが大きすぎても靴の中で足が自由になりすぎることで、巻き爪の原因となるのです。

 

女性の場合、5センチメートル以上のヒールを履いたり、先端が細くなったパンプスを履く機会が多いため、一般的に男性よりも巻き爪になりやすいと言われております。

 

デザインを重視して靴を選びたいという気持ちは大いに分かりますが、自分に合わない靴を履くことで、骨格のずれにも繋がるため、きちんとフィットするものを選ばなければなりません。


遺伝による影響

巻き爪は遺伝による原因よりも、後天性の影響の方が大きいと言われているものの、生まれつき巻き爪が引き起こされやすいという方は多くいらっしゃいます。

 

生まれたての赤ちゃんが巻き爪になっているというケースはほとんどないのですが、遺伝によって爪が柔らかいという方や薄いという方は、爪にトラブルが引き起こされやすいのです。

 

爪は硬い組織なので、ちょっとした衝撃でグニャっと曲がることはないものの、遺伝によって巻き爪になりやすい方が、窮屈な靴などを長期的に履いていると、症状が引き起こされやすいので注意しましょう。


爪の切り方

爪切り

爪の切り方も巻き爪が引き起こされる大きな要因の一つとなっており、毎日の生活で十分に注意する必要があります。

 

爪のお手入れをしっかりとせず、爪を伸ばしすぎていると、適正な力が加わらず、爪が割れる危険性が高いですし、衛生面においても不便なのです。

 

逆に、爪を切りすぎ深爪状態になっていると、指に力が加わった際に外力によって爪が皮膚に食い込み、その角が皮膚を傷つけることで指先の筋力の低下や、炎症に繋がります。

 

巻き爪の初期段階では自覚症状がなく、ほとんどの方が気付きませんが、毎日の間違った爪切りが原因で引き起こされるようになるので、丁寧に切るように心掛けなければなりません。


何かしらの外傷

サッカーやスノーボードといったスポーツで、大きな圧力が足の親指に加わったり、爪の上に重いものを落としてしまったという外傷で、巻き爪になる場合があります。

 

思わぬ外傷が原因で引き起こされることがあるため、致し方ない現象だと言えますが、自宅できちんと予防したり、場合によっては病院を受診してアドバイスを得た方が良いです。


足の親指に引き起こされる巻き爪を治そう

巻き爪ブロック

巻き爪とは、爪が様々な原因によって湾曲し、皮膚に食い込んで痛みが発生する現象を指し、足の親指に引き起こされやすいという特徴があります。

 

 

人によって足の他の指に引き起こされたり、手の指が巻き爪になることもありますが、足の親指に一番負担が掛かりやすいため、その影響によって変形することがあるのです。

 

加齢によって爪の水分が少なくなり、爪が曲がりやすくなるとはいえ、基本的に性別や年齢を問わず、巻き爪に悩まされている方が多く、痛みで思うように歩けないというように、日常生活に支障を来たすということも少なくありません。

 

それに、曲がった爪の角が皮膚に突き刺さり、そこから細菌が侵入して炎症や化膿を引き起こし、手術をしなければ元の状態に戻せなくなることもあります。

 

巻き爪が引き起こされている患者さんの数は、軽度から重度の方を含め、日本人では約10人に1人だと言われており、知らず知らずのうちに巻き爪の予備軍になっていることも十分にあり得るのです。

 

巻き爪は医学的観点から見て、弯曲爪(わんきょくそう)・爪甲鈎弯症(そうこうこうわんしょう)・陥入爪(かんにゅうそう)と呼ばれる症状に分類され、どれも自然に治るということはほとんどないでしょう。

 

特に、爪の周囲の皮膚に食い込み、炎症や化膿が酷くなる陥入爪(かんにゅうそう)の症例が最も多く、取り返しのつかない事態が引き起こされる前に、何かしらの処置を施す必要があります。

 

あまりにも症状が進行している場合は、医師の診察を受けなければならないものの、初期段階であれば、このサイトでご紹介している巻き爪ブロックで対処が可能です。

 

巻き爪ブロックは自宅で巻き爪を矯正できるグッズの一つとなっており、ただ自分の親指にバネを装着するだけで、少しずつ曲がりを正常な状態に戻していくことができます。

 

装着後、10分以内に爪が食い込むことで生じていた痛みを和らげられると評判なので、病院を訪れる時間がないという方は是非試してみてください。

 

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら